治安が良いことで有名な日本でも、いろいろなイタズラ被害を受けることがありますので完璧に安心することはできません。そしてそんなイタズラ被害の中に含まれているのが、鍵穴へのイタズラです。ピンポンダッシュのような簡単なイタズラと比べると鍵穴へのイタズラは多少難易度が高いため、それほどやられてしまう確率は少ないと思いますが。それでも確率がゼロでない限り何らかの防止策を考えておくことは大切でしょう。

では、そんな鍵穴へのイタズラ防止策として考えられる幾つかのことについて触れてみたいと思います。まず思いつく防止策としては、鍵穴にカバーをかけておくことです。カバーといっても鍵穴専用のカバーをわざわざ取り付けるのは面倒だというケースがあると思います。そのような場合は、鍵穴に簡単にテープなどを貼り付けておくだけでも十分でしょう。そして鍵を施錠したり解錠したりする際のみ、そのカバーを剥がせますので割と簡単なイタズラ防止策として行うことができるはずです。

また、他の方法としてはイタズラをしようとする人が玄関などの鍵に辿り着くまでに、そのイタズラを防ぐという方法です。これについてはなかなか難しい部分がありますが、番犬を飼うとか、門扉そのものを簡単に開かないようにするなどの対応策を取ることによってこの方法を実行することができるかもしれません。少し初期投資が必要にはなりますが、投資が必要な分、それなりにイタズラを抑制するだけの効果はあるでしょう。

鍵穴へのイタズラは意外と経験のある方はおられますので、現実に自宅の鍵穴にイタズラをされる前に何らかの対策を行っておくことは非常に有意義だと思います。もし自宅へ帰ってきたときに鍵穴に何かが詰められていたり、使用不能になるようなイタズラがされていたりすると自宅の中に入れないというとんでもない自体に陥ってしまいますので、そのようなことが起こらないようにしましょう。